移住の相談しつつ

日曜の昼下がり。雨はあがりまして、今日は社会課題解決のプロジェクトミーティング。

こんな暗い空ではありましたが、なんとか天気はもちました。

有楽町にある認定NPO法人ふるさと回帰支援センターにて、移住の相談へ。地方への移住を考えている人たちの事をきいてきました。当事者でもあるため、自分の相談も含めて。

今は地方への移住者は増えているみたいで、とりわけ、シニア層の方々の移住希望者は多いそうです。新たなる仕事を探す、地方の田舎暮らしで悠々自適の生活を過ごす、農業などの従事者になるなど、地方ライフを形成していくための相談は多くあるということです。

今日は社会課題解決のプロジェクトの一環で、新潟県の湯沢町というのがその移住先として位置づけてますので、湯沢町への移住希望の仲間とともに訪れました。

地方の街の魅力は土地によって様々です。このセンターに来れば基本情報はおおむね集まりますね。個別相談であとは深く話がきけるか。湯沢町では、雪の問題や、義務教育以後の教育の問題、雇用に関する問題など、いろんな壁はあります。ただ、自然はあるし、首都圏とも近いのは魅力です。

いろんな問題をはらみながらも、ある意味ポータルサイト的な位置づけのセンターであるため、根本解決には結びつかない場合もあります。ただ、移住希望の方がファーストアプローチをするところとしては、まずやる必要のあることの整理や、考えの整理ができるのは魅力です。

私自身の移住、起業問題解決のとっかかりとして、私もこちらのセンターについては、様々な活用を考えていこうと思います。

しかし、プロジェクトミーティングと夜の別のワークショップデザインミーティングで、思い切り頭を使いまして心地よい疲労感です!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中