自律神経の乱れを自覚してどうつきあうか

今朝は腹痛がひどくて出社を遅らせました。身体の健康的には問題はないのはわかっています。

この時期は自律神経を乱しやすいのと、職場などの環境要因で嫌なことが重なるとからだを悪くしやすくなっているのがわかります。実際に、胃の部分に痛みがありましたので、下痢してましたから。

そうなっても今は自分を責めることはしません。また、そうなってもより強くなろうとは思いません。もともとは辛抱強い質です。簡単にあきらめないので、諦めが悪いと言われるくらいだから。

体調を崩しやすいのも、弱いからではなく、いろんなマイナスの感情が、自律神経を悪くしてからというもの、心身に現れやすくなったのかとも感じています。

ただ、仕事が出来ない体になったわけではないし、実際に仕事でも成果を出して自信がついたからこその独立宣言をしたわけですからね。外から見ると、体調管理ちゃんとやれ!と言う方も出るだろうけど、そうですね、としか言わないです。

だからこそ、心身に変化の出やすい自分とうまくお付き合いしていくことができている。ダメな時にはダメなんだし、良いときは良いんです。その事を自覚して自分を信じる人たちが幸せになるように力を尽くす。

なかなかまだその境地に環境が変わったわけではないけど、変える!

変えて自分が自信を持って好きだと思えることをやります。

心身に負担をかけない働き方をして、自分と付き合っていきます。

来年の春は気持ちを楽しく解放して働くんだ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中